​staff

83865683-0054-49CF-9EEB-E666EB79F8BC.jpeg

牧師
井之上 薫

2C708621-5058-4933-A541-E1C6605A1538.jpeg

副牧師
​香川 直樹

ステファニー.jpg

協力宣教師
​ステファニー シャッツ

7CDAC75E-D62C-47FE-A718-1E88CED9EC72_edited.jpg

協力宣教師
ジョン ウェン
​エリス ウェン

青葉
83865683-0054-49CF-9EEB-E666EB79F8BC.jpeg

牧師

井之上 薫

私は、伝統的な仏教の家庭に生まれ、尊敬する両親と兄弟たちに囲まれて幸せに育ちました。

大学一年の時、それまでずっと心にあった人は何のために生きるのか、人生の目的と意味は何かという問いがきっかけでイエス・キリストに出会い、クリスチャンになりました。キリストとの出会いは目からうろこが落ちるような、また闇から光に移されるような鮮やかな体験でした。

卒業後、神さまの召命を受けてTEL(Training Evangelistic Leadership)の下で日本、シンガポール、インドネシアで約一年学びました。初めての異文化経験でした。その後、東京の神学校(聖書宣教会・聖書神学舎)で聖書と神学を修め、東京の浜田山キリスト教会の副牧師として3年、大阪の岸和田東聖書教会の初代牧師として約30年間奉仕する特権が与えられました。

その後、2009年6月に福岡聖書教会を設立するために住み慣れた関西から福岡市に移住して来ました。2010年4月の福岡聖書教会の誕生に立ち合い、今まで福岡聖書教会の牧師として奉仕しています。

この間、神さまのあわれみと恵みによって支えられ、多くの人の愛と親切と助けをいただいてきました。心から感謝しています。家族は、妻と2人の息子夫婦と孫8人です。

7CDAC75E-D62C-47FE-A718-1E88CED9EC72_edited.jpg

協力宣教師

ジョン・ウェン、エリス・ウェン 

ジョンは米国のマサチューセッツ州で育ち、エリスはニューヨークシティーで育ちました。二人ともクリスチャンホームで育成され、10代のころ洗礼を受けました。二人の出会いは、大学のクリスチャンミニストリーがきっかけでした。

大学卒業後、結婚し、エリスは宣教団体で働き、同時にジョンはエンジニアとして働いていました。数年後、ジョンも神様から召命を受けて、エリスとタイで奉仕する機会が与えられました。神学教育のためにアメリカに戻り、Gordon-Conwell Theological Seminaryで学び、ジョンはM.Divを修め、エリスはLife and Ministry Diplomaを取得しました。

2016年にパイオニアーズ宣教団の宣教師として来日し、宣教師の育成と訓練の働きに携わりました。2018年から子どもたちと一緒に福岡聖書教会の礼拝に通い始め、2022年4月から協力宣教師として奉仕しています。教会の霊的家族に属していることを感謝し、福音を通して主が多くの人をご自分に引き寄せられるように祈っています。

 
 
 
 
2C708621-5058-4933-A541-E1C6605A1538.jpeg

副牧師

香川 直樹

私は、大阪で両親がクリスチャンの家庭に生まれ育ちました。幼い時から家族で教会の礼拝に通い、いつも聖書が身近なところにありました。そして小学校低学年の時に、イエス・キリストを自分の救い主として受け入れ、クリスチャンになりました。中高生時代には、思春期特有の精神的な葛藤を覚える時期がありましたが、神様は教会の中高生キャンプなどを用いて、私の信仰を励ましてくださいました。高校卒業後の進路についても悩みましたが、好きだった英語を活かしたいと願い、米国のクリスチャン大学(Word of Life Bible Institute, Davis College)に留学する道が開かれました。4年間の海外生活を通して、主に信頼することの大切さを多く学びました。大学卒業後すぐに結婚に導かれ、教育関係の企業で3年間勤めましたが、生涯を通して神様に仕えていく召命が与えられ、東京の聖書宣教会・聖書神学舎に入会し聖書と神学を学びました。卒業後は奥多摩福音キリスト教会で1年、下関キリスト聖書教会で3年それぞれ伝道師として仕え、2017年に福岡に移り住み、パイオニアーズ宣教団を通して来日する宣教師たちの受け入れと研修を5年間担当させていただきました。これまで、主が良くしてくださったことを何一つ忘れることなく、感謝の心を持って主にお仕えする者でありたいです。家族は、妻と育ち盛りの3人娘です。

ステファニー.jpg

協力宣教師 

ステファニー・ シャッツ

私はカナダの田舎にある、小さな村で生まれ育ちました。熱心なクリスチャンの家庭環境で育てられ、幼い時から毎週教会に行っていました。豊かな自然に囲まれて暮らしていたので、創造主である神様の存在を当たり前のように信じることができ、5歳の時に聖書に記されいるイエス・キリストを救い主として信じました。私の人生の中で、信仰が試される出来事が起こりましたが、神様の恵みにより守られてきました。
カナダのアルバター州にあるプレーリー聖書大学で4年間、国際文化を学ぶ中で日本人クリスチャンの友人が与えられ、親しくなりました。また、日本のために祈る祈祷会に参加することを通しても、神様は私に日本宣教に対する重荷を与えてくださいました。2006年にパイオニアーズ宣教団体の宣教師となり来日し、2008年から札幌でOMF日本語学校で語学を学び、その後の奉仕先としてJECA(日本福音キリスト教会連合)の教会を紹介されました。2010年からは福岡聖書教会の協力宣教師として主に仕えてきました。2020年と2021年の2年間は、宣教師の育成プログラムの働きに携わりましたが、主の導きで2022年から再び教会との協力関係を持っています。愛する兄姉と長年神様を礼拝できていることが大きな祝福だと感謝しています。